ソリューションとケーススタディ

Loop IoTプラットフォームおよびLoopEdgeゲートウェイソフトウェアソリューションは、製造産業やコネクテッド・市場に対して、貴重なビジネスインサイトを提供しています。以下の既成ソリューションを見れば、LoopとLoopEdgeがいかに優れているかをご理解いただくことができるはずです。

製造産業

Litmus Automationの製造業向けIoTソリューションは、製造現場に配備されたレガシーな装置から送られるデータの通信や処理を管理します。

機械の稼動状態

製造ラインにある旧式の製造機械が発する異常値への対応にあたっては、長い時間と高価なメンテナンス費が必要になる場合があります。LoopLoopEdgeによって予防保守が可能となり、旧式の機械システムの障害による予期しないコストの発生を抑えることができます。

関連するカスタマーケーススタディ

Litmus Automationが提供可能な類似ソリューションに関する詳細については、マシンヘルスケーススタディをご覧ください。

時間を節約

LoopおよびLoopEdgeによって、障害発生による予期しないコストの発生を抑えることができます。

効率の向上

業務プロセスの時間とコストを節約し、旧式の機械に関する保守スケジュールを最適化することができます。

OEMの予防保守

Litmus Automationが提供するエッジおよびクラウドベースのソリューションであるLoopEdgeは、デバイスのデータを収集、標準化、分離し、安全を確保してLoopプラットフォームに送信することができます。これによって故障の可能性があるシステムの予防保守を短時間で、そして長期間に渡り実施することが可能となります。

関連するカスタマーケーススタディ

Litmus Automationが提供可能な類似ソリューションに関する詳細については、マシンヘルスケーススタディをご覧ください。

ビジネスの開発

アセットのデータを理解することで、新しい収益源やビジネスモデルを構築することができます。

ビジネスの理解

販売するアセットの優れた分析結果を収集して可視化を行ったり、機械の稼働状況をリアルタイムに監視するなど、付加価値のあるサービスをお客様やユーザーに提供することができます。

お客様のロイヤリティ向上

障害発生に伴なうコストを削減して、エンドカスタマーに価値を提供すると共に、ブランドアウェアネスやお客様のロイヤリティを向上します。

リアルタイムでの生産監視

Litmus Automationでは、LoopおよびLoopEdgeプラットフォームを活用して、運用テクノロジー (OT: Operational Technology)と情報テクノロジー(IT)の両方で対応可能なソリューションを提供します。

関連するカスタマーケーススタディ

リアルタイム生産監視に関するケーススタディをリクエストして、Litmus Automationが提供するソリューション事例をご覧ください。

時間とコストの削減

製品の組み立てや分解に伴うコストを、ロボット生産システムによって削減することができます。

品質の向上

リアルタイム監視によって、最終組み立て製品の品質を向上させることができます。

お客様のロイヤリティ向上

お客様は品質保証を受けることで、最終製品に関してより優れたSLAを提供できるようになります。

アセットおよびマテリアルのトラッキング

LoopEdgeおよびLoop Connected Industry Software Platformによって、アセットやマテリアルの場所を容易に特定して監視し、ロジスティクスの最適化が可能な統合アセット管理システムを構築することができます。

生産性の向上

物理的なアセットの在庫をリアルタイムに計測し、アセットやインフラストラクチャーをリモートから監視して、生産性の向上を図ることができます。

品質

原材料から製品に至るまで、しきい値を完全にトレースしながら、品質や品質管理の向上を図ることができます。

時間を節約

重要な機材の位置を迅速に特定し、在庫時間を短縮することで、タイムリーな情報提供や意思決定が可能になります。

セキュリティ

アセットの敷地外への移動を防止し、指定したアセットを無許可の区域に入らないようにすることで、セキュリティを向上することができます。

可視化

RFID、店舗内のセンサー、そして倉庫管理システムを使用し、重要なアセットをトラッキングして可視性を向上することができます。

コネクテッド・オペレーションインテリジェンス

The LoopおよびLoopEdge Connected Industry Software Platformによって、品質や在庫、そして保守といった従来からの管理項目に加え、内部や外部の動作コンディションやシステム、さらにイベントといったインテリジェンスをコネクテッド・オペレーターに提供します。

効率

エネルギーコストの削減、生産効率の向上、アセットのパフォーマンス向上、設計や試運転における作業の改善を図ることができます。

可視化

アセットやエネルギーの可用性、信頼性およびベンチマークを確認することができます。停止時間の短縮、稼動率の向上、保守の削減、MRO用在庫の確認、設計作業の向上を図ることができます。

パフォーマンス

トレーサビリティとシリアライゼーションによって、障害発生の範囲と影響を減らし、在庫と製造のパフォーマンスを向上させることができます。

柔軟性

ロット数の削減、お客様に対するレスポンシブの向上、アセット使用率の向上、生産能力の向上によって、柔軟な製造業務を実現します。

Pin It on Pinterest

X