保存。仮想化。分析。

LoopInsightsによって、全てのコネクテッド・アセットやデバイスを保存し、仮想化や分析を行い、トリガーやアラートを設定することで、ビジネスの成果を最大限に引き出すと共に、インダストリー4.0の次に控える産業革命にも備えることができます。

ビジネスをひと目で俯瞰

LoopInsightsの機能

複雑なシステム環境について可視化および分析を行い、社内またはお客様向けの主要なデータやデバイスのKPIを計測することで、ビジネスのパフォーマンスを把握できます。

IIoTデータのリアルタイム分析

デバイスの有効性を監視することで、事後保守から予防保守への転換を図ることができます。また、データをリアルタイムにフィルタリングし、時間を絞り込み、様々な粒度で確認することができます。

セルフサービスでの可視化が可能

特定の業務要件に応じてKPIを定義することが可能です。概要を表示するダッシュボードから、より高度な分析内容へとドリルダウンすることができます。折れ線グラフや棒グラフ、ゲージ、ピボットテーブル、そしてマップなど、数十もの汎用的な表示タイプが用意されています。データをリアルタイムにフィルタリングし、時間を絞り込み、様々な粒度で確認することができます。ダッシュボードのパラメータについては、その場で変更することができます。

事前に分析済みのデータ

クラウドでの処理や帯域幅がリソースに与える影響を最小限に抑えるために、一旦データをエッジで処理してから、主要な指標をクラウド側に送信します。これら全てのデータ処理は、LoopEdgeLoopCloudLoopInsightsの相互連携によって遂行されます。

OEM対応

プロジェクトや顧客を分離する組み込み済み機能を使って、マルチテナント環境のセキュリティをコントロールすることができます。また、クライアント固有のブランドを使った、カスタマイズダッシュボードを作成することも可能です。

地理空間分析

ロケーションベースの分析機能を使って、グローバルでの運用監視や改善を行うことができます。

重要なポイント

ドキュメント:LoopInsightsの利用開始方法

LoopInsightsは、簡単に利用を開始することが可能で、複数のデータ可視化手段を提供しています。デモによる個別の説明をリクエストしてください。

優れたOEEやダウンタイム / アップタイムの監視機能。

g

プログラミング不要で、ドロップ&ドロップするだけの対応によって高度な設定が可能です。

ホワイトラベリングも容易に実施可能で、自社や顧客のブランド入りダッシュボードを作成することができます。

直ちに作業を開始できるよう、グラフやチャートのテンプレートが用意されています。

ローデータからインサイトを引き出す分析機能と機械学習モデル。

Loop製品情報

以下の項目をご記入の上、Loopの製品シートのダウンロードをご請求ください。

Loopの製品シートを、Eメールでご提供させていただきます。

Litmus Automation, Inc | Copyright 2019 | All Rights Reserved

Pin It on Pinterest

X