収集。管理。導入。分析。統合。

Loopは、ビジネスの成果を最大限に引き出し、インダストリー4.0 の次に控える産業革命に備えることができる、最も安全な産業用IoT管理プラットフォームです。

次世代のIoT管理

Loopは、大規模な企業や産業OEM、そしてシステムインテグレーターに向けた、IIoT製品のライフサイクルや導入管理のための幅広い機能を備えています。これらの機能は、全てIIoTOMAなどに関わる各種の業界標準に準拠しています。


幅広い機能を備えたIIoT管理スイートであるLoopによって、現場におけるデバイスやアプリケーションの状態をコントロールしたり、インサイトを取得し、必要に応じて直ちに対応を取ることが可能となります。

レガシーや最新のIoTデバイスからデータを収集

アラートやインシデント管理および対応の自動化によって、IoTの導入を促進

全てのエッジデバイスに対するOTAアップデートと、LoopEdgeのための拡張ファームウェアコントロール

ブートストラップから交換に至るまで、デバイスのライフサイクル全体を管理

エンドユーザーやOEMに対する大規模な導入にも対応 。デバイス接続後、直ちに設定を実施

導入済みデバイスの状態をリモートから監視

LoopEdgeの管理に向けたファーストクラスのサポート

Loopプラットフォームによって、IoT標準に従ったLoopEdgeデバイスへのシームレスな接続が可能となります。

  • デバイス管理
  • エッジアプリケーションのオーケストレーション
  • エッジアプリコンテナの管理
  • リモートアクセス
  • ファームウェアとOTA管理
  • LoopFlowsおよびLoopFunctionsの管理(ベータ版)

デバイスライフサイクル管理

多様な ユースケースに対応できるLoopプラットフォームの中核機能としては、デバイスライフサイクル管理に向けた、以下のようなLoopEdge機能があります:

  • 初期のデバイスブートストラップ
  • デバイスの設定とモデリング
  • リモート管理
  • OTA(無線経由)によるアップデート
  • 大規模なデバイスの設定
  • デバイスの交換
  • セキュリティ管理
  • アラートとインシデント管理

OEMIoT導入管理

単にデバイスを接続するだけでは済まない、OEMによる複雑な導入にも対処できるよう、Loopは設計されています。Loopプラットフォームは、コネクテッド製品を既存のアセットにバンドルしたり、あるいはスタンドアロンで販売するといった取り組みにも、完全なコントールが可能です。

 

  • エンドユーザー管理
  • 機能管理
  • カスタムOEM UIおよびホワイトラベル対応
  • 既存のビジネスアプリケーションとの連携
  • 商用化管理
  • プライバシーコントロールによる地域(EU、日本)管理

集中的なデータ管理とストレージ

流動的で標準不在な世界において、あらゆるタイプのデバイスやデータフォーマットに対応可能なLoopの柔軟性が、お客様のソリューションを将来にわたって保証します。

Loopは、独自のデータ正規化エンジンエンジンを備えており、どんなフォーマットや構造のデータでも受け取ることができ、その場で該当データを利用可能な標準フォーマットに再モデル化します。

デバイスデータは、IPSOアライアンス標準に従った形式で、Litmus Automationのデータベース、または連携機能を使ってお客様独自のデータベースに格納することができます。さらに、IoTデータポイントについては、様々な機械学習や分析機能、そして仮想化機能向けに最適化することが可能です。

エッジアプリケーション管理

ユーザーは、Loopによってコンテナ化(DockerOCIなど)されたアプリケーションを、LoopEdgeに作成および導入し、管理やアップデートを行うことができます。 

  • GitベースのリポジトリまたはCI/CDエンジンとの連携
  • オンラインおよびオフライン(ベータ 版)での導入
  • 複数のバージョンを管理し、新しいバージョンのアプリケーションに対して、シームレスにA/Bテストを行うことができます
  • アプリケーションログと稼動状態の確認
  • マーケットプレイスを作成し、複数のアプリケーションをまとめて管理することができます

自社のクラウド環境やプライベートデータセンターで稼動するIIoTプラットフォーム

Loopは、どんなデータセンターにも適応できる設計となっています。ユーザーは、Azure、AWS、Google、ベアメタルのデータセンターなど、Loopを設定し稼動させるホストを自由に選択することができます。ユーザーは、エッジやIoTデバイスに隣接するような形で、複数のデータセンターや分散システムを使用することができます。

自社のIoTプロジェクトに対してETLツールを導入する必要はありません

ドラック&ドロップするだけで、その場でデータフォーマットやモデルを再編成することができます。セキュリティやACL機能がデフォルトで組み込まれており、マーケットプレイスにある標準データモデルを使って、2G3Gおよび4Gの帯域を節約しながら使用することができます

組み込み済みのLoop Data Enricherによって、バラバラな多数のシステムからもたらさられたデータを集約し、正規化することができます。

Pin It on Pinterest

X